SI(シリコーンゴム)の特性

トップページ 製品案内 技術案内 ゴム特性案内 主要設備 会社案内 お問合せ アクセス
合成ゴムの特性 メイン画像

SI(シリコーンゴム)の特徴

SI(シリコーンゴム)は、とても耐熱性に優れた特性があり、150℃の熱を加えても特性に変化はありません。また、耐寒性にも優れ-60℃〜-70℃においても弾力性を保持します。

耐候性にも優れた特性があり、コロナ放電により発生するオゾンに対しても、ほとんど影響を受けることがありません。屋外で紫外線や風雨にさらされても、ほとんど特性に変化はありません。

シリコーンゴムは、化学的にも安定しているので人体に対しても悪い影響を与える心配がありません。また、シリコーンゴムは無味無臭で透明性にも優れている特性がります。さらに、着色が良く成型後の手触り感も良いなどの特性があります。

シリコーンゴムは上記のような特性から、電子レンジの窓枠パッキン・電子レンジのターンベルト・電卓やキーパットのキーパット・FAXプラテンロール・モーターや家電製品の口出線・ダイヤフラム・Oリング・食品容器のパッキン・乳首・マウスピース・シュノーケルなどに幅広く使用されています。詳しくはお問い合わせ下さい。

SI(シリコーンゴム)の長所

高度の耐熱性・耐寒性・耐オゾン性をもち・さらに電気特性・非粘着性に優れ・生理的不活性が良い材料です。

また調色性に優れており、ご要望のカラー指定で調色する事が可能です。

SI(シリコーンゴム)の短所

引張り強さ・引裂き強さ・耐磨耗性など力学的性質・ガス透過性・熱膨張性には劣ります。

また上述の長所の項に記載した“非粘着性”ですが、使用用途により短所にもなり専用の印刷塗料や塗装塗料、両面テープや接着剤が必要になり、割高になるケースもあります。
なお、最近では接着性の良い市販品の接着剤が販売されております。
※シリコンゴムに使用できる市販の接着剤。

SI(シリコーンゴム)の使用用途

テレビ・ラジオなどの家電部品・自動車関連部品・医療関連機器・食品関連機器部品・電卓等絶縁部品・注射液容器・哺乳瓶の乳首・その他工業用耐熱耐寒・パッキン・Oリング・ガスケットなど使用されています。

その他、安全性および耐熱性が良好な理由でキッチン廻りの雑貨品に多く利用されてもいます。

ゴムについてのお問合せはコチラ
ゴムに関するお問合せ