SBR(スチレン・ブタジエンゴム)の特性

トップページ 製品案内 技術案内 ゴム特性案内 主要設備 会社案内 お問合せ アクセス
合成ゴムの特性 メイン画像

SBR(スチレン・ブタジエンゴム) の特徴

SBR(スチレン・ブタジエンゴム)は、ゴムの中で最も多く生産されている材料であり、車のタイヤをはじめとして、さまざまな用途で使用されています。

SBRは、天然ゴムの代用として開発され、その特性も天然ゴムと似ており、弾性・機械的強度・耐磨耗性などが優れています。

かし、耐熱性は、天然ゴムより少し良いのですが、鉱油性に対しては劣ります。Oリング・、パッキン・オイルシールなどのシール材には不向きです。植物油には優れており自動車のブレーキ液系のシール用として使用されています。詳しくはお問い合わせ下さい。

SBR(スチレン・ブタジエンゴム)の長所

弾性・強度特性・耐磨耗性・耐老化性が良い材料です。

SBR(スチレン・ブタジエンゴム)の短所

高温時の引き裂き抵抗が弱く、耐寒性が凡用ゴムの中で最も劣ります。

SBR(スチレン・ブタジエンゴム)の使用用途

自動車タイヤ・履物・ゴム引布・運動用品・床タイル・バッテリーケース・ベルトなどに使用されます。

ゴムについてのお問合せはコチラ
ゴムに関するお問合せ