NR(天然ゴム)の特性

トップページ 製品案内 技術案内 ゴム特性案内 主要設備 会社案内 お問合せ アクセス
合成ゴムの特性 メイン画像

NR(天然ゴム)の特徴

天然ゴム(NR)は、その名の通り天然の樹の樹液(乳液)から精製されたゴムです。

その成分は化学的には高シスポリイソプレンですので、合成ゴムであるイソプレンゴム(IR)は、化学的に製造された合成天然ゴムとも言われています。どちらも特徴は、当然似ています。

比較して、イソプレンのほうが、価格・品質が安定しています。

天然ゴムは、天然ゆえの物性のばらつき・ごみなどの異物混入・価格変動などが多少あります。これらのゴムは、弾性・耐磨耗性など機械的強度が大きくタイヤ・ベルト・ホース・靴底など様々な用途に利用されていますが、耐熱性・圧縮永久ひずみ・耐油性に劣るためシールパッキンなどの用途には、あまり利用されていません。

詳しくはお問い合わせ下さい。

NR(天然ゴム)の長所

本来ゴムの持つ弾力性があり・機械的強度・伸縮性が良い材料です。

NR(天然ゴム)の短所

耐熱性・耐油性・耐候性・耐オゾン性には劣ります。

NR(天然ゴム)の使用用途

トラックのタイヤ・ホース・履物・ベルト・一般工業用品などに使用されます。

ゴムについてのお問合せはコチラ
ゴムに関するお問合せ