IR(イソプレンゴム)の特性

トップページ 製品案内 技術案内 ゴム特性案内 主要設備 会社案内 お問合せ アクセス
合成ゴムの特性 メイン画像

IR(イソプレンゴム)の特徴

IR(イソプレンゴム)は、天然ゴムと構造が似ており天然ゴムの代用品として幅広く使用されています。

天然ゴムと比較し振動吸収性や電気特性が優れていること、透明で色調が明るく匂いも少ないこと、機械的強度が大きく、物性バランスにも優れていること、価格も安定しているなどの特徴がります。

弾性・耐磨耗性などに優れているので、タイヤ・ベルト、ホース・靴底などに使用されています。詳しくはお問い合わせ下さい。

IR(イソプレンゴム)の長所

NR(天然ゴム)と同じ性質を持ち(天然ゴムの使用される所には殆ど代用可能)安定性が良い材料です。

IR(イソプレンゴム)の短所

天然ゴムに比べ、機械的強度が若干(引っ張り・応力・引き裂きなど)劣り、耐油性・耐熱性には劣ります。

IR(イソプレンゴム)の使用用途

自動車・航空機タイヤ・搬送ベルト・靴底・糸ゴム・粘着着剤などに使用されます。

ゴムについてのお問合せはコチラ
ゴムに関するお問合せ