IIR(ブチルゴム)の特性

トップページ 製品案内 技術案内 ゴム特性案内 主要設備 会社案内 お問合せ アクセス
合成ゴムの特性 メイン画像

IIR(ブチルゴム)の特徴

IIR(ブチルゴム)は、耐候性・耐オゾン性・耐ガス透過性・極性溶剤に優れていますが加硫性・加工性・耐油性には劣り、他のゴムとの相溶性が悪いという欠点もあります。

タイヤのインナーチューブや電線被覆などに使用されています。詳しくはお問い合わせ下さい。

IIR(ブチルゴム)の長所

耐オゾン性・耐老化性・電気絶縁・性耐候性・衝撃吸収性・耐ガス透過性・極性溶剤に耐える特性が良い材料です。

IIR(ブチルゴム)の短所

金属や他のゴムに対する接着性・耐油性には劣ります。

IIR(ブチルゴム)の使用用途

タイヤチューブ・人工芝のアンダーパット・電線皮膜キュアリングバック・ルーフィング・窓枠ゴム、スチームホース・耐熱コンベアベルトなどに使用されます。

ゴムについてのお問合せはコチラ
ゴムに関するお問合せ