CSM(クロロスルフォン化ポリエチレン)の特性

トップページ 製品案内 技術案内 ゴム特性案内 主要設備 会社案内 お問合せ アクセス
合成ゴムの特性 メイン画像

CSM(クロロスルフォン化ポリエチレン)の特性 の特徴

CSM(クロロスルフォン化ポリエチレン)は、着色がしやすく屋外での変色にも強く、また無機酸・アルカリ・機械的強度・耐磨耗性に強い特性があります。商品名のハイパロンとして有名な合成ゴムです。

シールパッキン材としては、圧縮永久ひずみに劣るためあまり使用されません。詳しくはお問い合わせ下さい。

CSM(クロロスルフォン化ポリエチレン)の特性 の長所

耐老化性・耐オゾン性・耐候性・耐薬品性・耐摩耗性が良い材料です。

CSM(クロロスルフォン化ポリエチレン)の特性 の短所

圧縮永久歪に劣り(成形時の金型汚染性が見られる)、低温特性(低温で結晶化しやすい) には劣ります。

CSM(クロロスルフォン化ポリエチレン)の特性 の使用用途

耐候性・耐食性塗料・タンクライニング・屋外用引布・耐食性パッキン・耐熱耐食性ロールなどに使用されます。

ゴムについてのお問合せはコチラ
ゴムに関するお問合せ