CR(クロロプレンゴム)の特性

トップページ 製品案内 技術案内 ゴム特性案内 主要設備 会社案内 お問合せ アクセス
合成ゴムの特性 メイン画像

CR(クロロプレンゴム) の特徴

CR(クロロプレンゴム)は、幅広い用途に長年利用され続けている合成ゴムです。天然ゴムの耐油性を改良した代替品として開発された経緯があるようです。(デュポンのサイトより)。

CRは、機械的強度・耐候性・耐薬品性・耐熱性・耐寒性・耐油性に優れており、非常にバランスのとれたゴムです。また、難燃性があり・ガス透過率が小さく・接着力(ゴム糊にしたときの)が強いなど数々の特徴をもっています。

しかし、低温時に結晶化しやすい傾向があるため低温時の使用には不向きです。

CRは、その特性から自動車部品(ベルト・ホース)、一般工業用品・接着剤・スポンジ製品・建築用ゴム製品・電線などに使用されています。詳しくはお問い合わせ下さい。

CR(クロロプレンゴム) の長所

反パツ弾性・耐候性・耐老化性・耐オゾン性に優れ、耐熱性・耐寒性・耐油性が良い材料です。

CR(クロロプレンゴム) の短所

耐水性・電気絶縁性には劣ります。

CR(クロロプレンゴム) の使用用途

Oリング・グロメット・コンベヤベルト・ロール・ライジング・ウエットスーツ・電線被覆などに使用されています。

ゴムについてのお問合せはコチラ
ゴムに関するお問合せ