液状シリコーン

トップページ 製品案内 技術案内 ゴム特性案内 主要設備 会社案内 お問合せ アクセス
ゴム製造技術メイン画像

液状

液状シリコーンの流し込み作業風景プレス成型では高粘度(ミラブル型)のゴム材料を使用して製造します。

このミラブル型は熱と圧力を加える事により硬化しますが、何らかの理由によって熱もしくは圧力、あるいは熱と圧力を加える事が出来ない場合があります。たとえば、電子部品を取り込んだ製品などは、プレス成型だと圧力で基盤に負荷がかかってしまいます。

このような場合、液状シリコーンを利用して製造する事が可能な場合があります。

液状シリコーンは硬化のさいに熱も圧力も必要とせず、自然硬化が可能です。また、粘度が低いため入口が狭く中が広い形状への充填などにも適しております。

液状シリコーンの作業方法

液状シリコーンの流し込み道具作業するにあたり、材料のほか治具、ディスペンサー、カートリッジなどを用いて作業を行います。

流し込む部品を治具にセットし、材料をカートリッジに充填させてディスペンサーを利用して部品に液状シリコーンを流し込んで行きます。

流し込んだ後は硬化まで気温や湿度によりますが、概ね24hから48hで硬化します。

過去も未来も「ゴム屋」です!

(株)東都ラバーインダストリー

埼玉県川口市青木4-22-21
TEL:048-255-7525
FAX:048-255-7524
E-mail:tri@tri210.co.jp
お問合せフォーム→こちら

平日 8:30〜18:00

東都ラバーの顧客満足方針
ゴム板販売のご案内
販促物のスタンプマットのご案内
ラバースイッチ(ゴムボタン)のご案内
医療用ゴム製品のご案内
オリジナルゴム製品のご案内
工業用ゴム製品のご案内
ゴムに関するお問合せ